てくてくラジオの使い方

本体について

【マイク】

マイクに向かい、声を直接吹き込みます。

>>吹き込み方法マニュアル
【電源】
AC100V電源、またはバッテリーボックスを用います
微弱電波音声発信機を手に平に乗せてのサイズ対比
微弱電波音声発信機の本体
【LED】
再生している間はLEDライトが赤く点灯し録音の間は点灯しません。
【録音スイッチ】
スイッチを「録音」の側にしている間に録音され、「再生の側にすると録音が終了し、再生されます。録音された内容が自動的に繰り返されます。何度でも上書きが可能です。

使用方法

音声を録音、本体と電源を繋げてスイッチを録音に切り替えて録音する手順

声を発信機に直接録音

録音スイッチを「録音」にしている間に録音され、再生にすると録音が終了し再生されます。

発信機から口を約20センチ離して録音します。

録音時間は60秒以内です、 録音された内容が自動的に繰り返されます。

何回でも上書きが可能です、 LEDライトが再生している間、赤く点灯し、録音の間は点灯しません

>>吹き込み方法マニュアル

発信機の設置、たとえばプレートを用意してその裏に貼り付けて設置、袋に入れてドアノブに引っ掛けて設置など

設置の仕方は様々です。

上図のようにプレートトを用意しその裏に設置したり、袋の中に入れてドアノブに引っ掛けたり音声案内が必要だと思う場所に発信機を設置します。 常設の場合はAC電源が確保できること、雨が当たらない事が設置条件となります。

ラジオに近づくと発信機から約2~3メートルの範囲に録音した音声が発信されます

発信機に近づきます

発信機から約2~3メートルの範囲で微弱な電波が発信され、AMの1620kHzにラジオの周波数を合わすと、発信機に録音した音声をラジオから聞くことができます。

(注)受信距離はラジオの受信能力と周辺環境によって変化します。 AMラジオであればどのようなタイプのラジオでも利用できます。